Local の WordPress を日本語化する方法

Local (Local by Flywheel) で WordPress をインストールすると言語が英語になっているので、まずは日本語化することが必要です。

ただ日本語化するだけでは、日本語サイトを運用する際には不十分なので、WP Multibyte Patch というプラグインも一緒にインストールし、日本語環境に最適化していきます。

目次

WordPress の日本語化

まずは WordPress の言語やタイムゾーンなどを日本語環境に合わせて変更します。


ADMIN をクリックします。


WordPress の管理画面に移動したら、Settings にマウスポインターを合わせ、表示された項目の General をクリックします。


General Settings ページに移動したら、下記のようにそれぞれ選択します。

  • Site Language日本語
  • TimezoneUTC+9
  • Date FormatY-m-d もしくは Tokyo
  • Time FormatH:i

選択できたら画面を下にスクロールしていき、 Save Changes をクリックします。


これまで英語で書かれていた部分が、日本語に変更しました。これで WordPress の日本語化は完了です。


ただツールバーに クルクルアイコン数字 が表示された場合は、翻訳プログラムの更新があることを意味しているので、この流れで更新しておきましょう。

(表示されていない場合は、この手順は飛ばしてOKです)

それでは、クルクルアイコン数字 の部分をクリックします。


WordPress の更新ページを下にスクロールしていき、翻訳を更新 をクリックします。


翻訳が正常に更新されました。 と表示されたら、翻訳の更新は完了です。

WP Multibyte Patch のインストール&有効化

最後に WP Multibyte Patch というプラグインをインストールします。

このプラグインを使用すると、日本語環境で WordPress を運用する際に発生する不具合を解消できます。


プラグイン にマウスポインターを合わせて、新規追加をクリックします。


プラグイン検索フォームに WP Multibyte Patch と入力します。


WP Multibyte Patch プラグインであることを確認し、今すぐインストール をクリックします。


インストールが終わったら、続けて 有効化 をクリックします。


これで WP Multibyte Patch プラグインのインストール&有効化は完了です。


以上で、Local (Local by Flywheel) で作成した WordPress サイトを日本語化する方法の解説は終わりです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる